いじめを乗り越えるには

近年もイジメは増してゆく一方
その背景には各児童の家庭環境、ストレスなどが浮かび上がってきますね
特に親の関係が悪い場合、

 

全国の生徒の何%が学校を好きと言えるでしょうか

 

学校が嫌い・先生が嫌い・あの子が嫌い

 

嫌いと思えば学校に通うのも楽しくなくなってくるのは事実

 

保護者の力と教師の協力が大いに必要不可欠となってきます。

 

今の親は無責任な方も中にはいたりして
子育てもろくにしなかったり、ほったらかし状態、家族の子への配慮の不足など家族の環境によっても子供への影響力は実に大きいと考えられます

 

決して

 

いじめというのは、楽しいからしてるわけじゃありません。
本心から楽しいはずがないんです。

 

心の裏ではその子への嫉妬や苛立ちがあるのではないでしょうか。

 

意味もなく遊びでいじめをする子もいると思いますが
特に憎悪が無ければ瞬間的や突発的で解決すると思いますが

 

執拗に標的定めた獲物のようにズルズルと長期に渡っていじめる生徒がいた場合

 

いじめる側を即止める策を練るのが一番です。
何故ならばいじめるその子自身もSOSを発しているからです。

 

いじめられている子をかばえばかばう程
いじめはエスカレートします。何故ならいじめる側の心の悲鳴を無視しているからです。

 

いじめの根本
ただ嫌いだからとかでやる人もいるようですが
話し合って仲良くなる事もあります

 

いじめには
すぐ解決出来るいじめの種類と問題解決が長くなるいじめの二種だと思って下さい。

 

大人側の親であり教師がきちんと見極めて
いじめる側といじめられる側両者の心の苦痛を取り除いてあげる事が

 

 

根本的ないじめ解決へと繋がるのではないでしょうか