メダルの価値

フィギュアスケートの浅田真央選手が最有力視されていたメダルを取れなかったことでいろんな論調がありますが、メダルは取れなくても全くなんの問題も無く批判されることはおかしいと思います。ネットを見る限り、そういった意見が比較的多いようです。

 

森元首相のような、年配の人のほうがメダル偏重の傾向があるように感じます。
オリンピックでメダルを取ることがその国の国力を象徴する、といったようなイメージ戦略はもはや過去のものだと思います。今回の女史フィギュアの採点に疑問を感じてしまうような、オリンピックでのこんなことはしょっちゅうなので、そもそも公平かどうかがまず疑問です。

 

メダルを取る為にスポーツのその種目を始めたような選手は少ないと思うので、オリンピックでメダルを取ることがその人の競技人生の全てではないでしょうし、そこまでの切迫感を期待する観客はあまりいないのではないでしょうか。

 

結果的にメダルをたくさん取った国は豊かな国だ、くらいでいいと思います。それでも国をあげてオリンピックのメダルにこだわるのなら、それは自国開催のときくらいで丁度いいです。